06-6912-9870
クウ動物病院は、大阪市鶴見区にある犬とエキゾチックアニマルの医療を得意とする動物病院です。

Our Hospital

病院紹介

エキゾチックアニマルの診療

小さな動物も家族です。

 犬や猫以外のコンパニオンアニマルとして飼育される小動物をエキゾチックアニマルと呼びます。近年では住環境の変化や人々の生活の多様性の増加などからこれらの動物を愛玩動物として飼育されることが多くなりました。同時にこれらエキゾチックアニマルに対する医療の必要性も増加しましたが、これらの分野は未だ未熟であり、情報が少ないことも事実であります。それらの事情もあり、動物病院でこれらを対象とする病院は未だ多くはありません。
 当院では以前よりエキゾチックアニマルの診療が多く、経験を得ることが出来ました。この経験はデータだけではなく、多くの指標を与えてくれています。そしてこれらの蓄積に加えて、犬や猫で蓄えた経験や最新知識などを組み合わせることによりエキゾチックアニマルの診療を進めています。しかし、まだまだ多くの動物、全ての動物を十分に診療できる情報が少ないことも事実であり、飼い主様と協力しながら診療を行っています。

※大変申し訳ありませんが、当院では危険動物および有毒動物、霊長類は診療しておりません。

ウサギは身近なエキゾチックアニマルです。

 ウサギは比較的以前より多く飼育されている動物です。小動物としては最もメジャーではないでしょうか?鳴くこともなく、臭いも少ないために生活空間の小さな日本では比較的飼育し易い動物です。しかし、皆さんのイメージにウサギは非常には弱くてはかないイメージがあるのではないでしょうか?そのイメージはおおかたあっており、犬や猫などに比べると弱い動物です。草食動物というもともと弱い動物の宿命を持っているのでしょうか。
 しかし、早期の治療や適切な健康管理をすれば長生きすることも珍しくありません。飼育や健康管理に関してご心配がありました是非にご相談下さい。

フェレットは好奇心旺盛な家族です。

 フェレットはイタチ科の動物で品種改良によって生み出された動物です。日本に入ってくるペット用のフェレットは去勢・避妊・臭腺除去の手術が行われたものなので繁殖はなく、あまり体臭は気になりません。これを俗にスーパーフェレットと呼び、未手術のフェレットをノーマルフェレットと呼びます。愛玩動物としては非常に好奇心の強い動物で、明るい性格の持ち主のために人間にも良くなつき、飼い主との遊びを好みます。機敏で何にでも興味を持ちます。いくつかの病気が犬と交差し、感染症にかかってしまう恐れがあるので予防が重要でもあります。
 このように品種改良で生まれた運命からか、遺伝的素因が考えられるいくつかの病気にかかりやすいという特徴があります。多くは中高齢(4歳以降)に発症しますが、定期的な健康診断が望まれます。

モルモットは大人しい家族です。

 モルモットは実験動物のイメージが強い方もいらっしゃるかも知れません。しかしながらペットとしての歴史は長く、いろいろな毛色や毛質が知られています。性格は大人しく、人間にも慣れます。飼い主さんを見つけると鳴いて喜ぶこともあるぐらいで。いくつかの鳴き声で感情を表現することもあるんです。
 食性は完全草食であり、ウサギと同じような飼料で飼育することが出来ます。しかし、人間と同じようにビタミンCを体で作ることが出来ないので与える必要があります。

小さくても家族の一員です。

 ハムスターをはじめとする小型の動物はとてもかわいいですが、弱い動物でもあります。この小さな体に出来る医療行為は多いとは言えませんが、検査や手術すらもがんばってくれる子はたくさんいます。これらの動物の寿命は非常に短いと感じると思います。しかし、この子達は人間よりも早いスピードで生きているだけであって、感じる時間はそんなに変わらないという考え方もあります。
 当院では小さいからといって特別扱いはしないようにしています。出来ることはどんな大きさの動物でも全力で取り組もうと皆考えています。

爬虫類は意外と長生きです。

 爬虫類はイメージがあまり良くない一面がありますが、ペットとして飼育されることも多い動物です。一番多いのはカメだと思いますが、現在では写真のようなカメレオンのようなトカゲも飼育されています。爬虫類は適切な飼育をすると非常に長生きをする動物です。「亀は万年」といいますが、ゾウガメのような大型のリクガメは100年以上、200年近く生きるのではないかと考えられています。
ペットとして飼育される動物の中でも長い寿命を持つ爬虫類、世代に渡って飼育できるように元気に育ててあげて欲しいと考えています。

おしゃべりで愉快な家族です。

 鳥類は昔よりペットとして飼育されてきた動物です。以前は見た目を楽しむ愛玩動物であった鳥ですが、現在ではコンパニオンアニマルとしての特徴が注目されています。見て楽むだけであった鳥も今ではカラフルな鳥が入手出来るようになり、サイズも小型のインコから大型のオウムまで様々な選択肢があります。インコやオウムは家族として人に非常になれ、おしゃべりをすることだってできるんです。キレイな色を見て楽しむだけでなく、家族の一員として楽しく生活を共にすることが出来るのです。

ご不明な点は当院のスタッフにお尋ねください。